EVP
~みんなとの約束 "生き生きと働けるように"~

私たちはオルゴヴェーレという社名に、誇り(Orgoglio)と、生きる(Vivere)、この2つの言葉を合わせ、《誇りある生き方》という意味を込めました。豊かな個性をもった人間が集まり、共通のMissionとVisionを目指す。「ダイバーシティ&インクルージョン」を進めながら、一人ひとりが誇りを胸に、延いてはそうした社員の集合体であるオルゴヴェーレがSDGs(2030年までの持続可能な開発目標)の実現達成に寄与しながら、社会にとって、我々が暮らす地球環境にとって責任のある行動をとり、新しい価値を創造できるような、そんな誇りを持った企業でありたい。

オルゴヴェーレの社員は、MissionとVisionの実現のため、高い目標に向かい、大切な仲間と共に学び高め合い、全力を尽して厳しさを乗り越えて結果を出してくれます。

そのような社員に対して、オルゴヴェーレは活躍の場を与え続け、成長するチャンスを提供し、しっかりとした保障をもって報いる会社でありたい。そして、みんながオルゴヴェーレで働くことによって自分らしさを見つけ、みんなが誇りある生き方ができるような、一人ひとりが毎日の中に祝祭性を感じながらやりがいを持って仕事ができるような会社を目指します。すべての社員とその家族が健康で、格差を感じることがなく、生き生きと安心して働ける職場環境を整えること、<それこそがエシカルで豊かな発想と新しい価値を創出し、持続可能な企業成長の実現につながると信じています。

     

我々はダイバーシティ&インクルージョンを進め、多様性を尊重した企業風土を大切にすることが新しい価値への創造につながると考えています。
そしてジェンダー平等の実現、有給休暇の取得推進、育児・介護休業制度、誕生日休暇、完全週休二日制やノー残業といった公正・公平な理念に基づき、社員一人ひとりのライフスタイルに寄り添った、みんなが生き生きと働ける職場環境を整えています。

休暇制度などの文化
健康について

我々は社員みんなが健康であり、心が健全であることを第一に考え、フィットネスクラブ(全額会社負担)などで身体を精力的に動かすことを推奨しています。心(精神)と身体(肉体)は密接につながっています。まずは身体を動かし、体力をつけること、それは生命活動の基礎となります。それにより、自律神経とホルモンバランスが整えられ、毎日が活力に満ちたものになるはずです。脳も活性化し免疫力が向上、ストレスから解放され、心が健全になり、毎日が生き生きとしたものになります。また「定期健康診断」という仕組みを通して、未然に身体のシグナルを把握することによって病への予防につなげ、心のネガティブな負担を減らします。

人命を最優先に、災害による被害の防止・軽減に向け、オフィスでは社員全員に対しヘルメット等の防災用品の配備、一定数の食料・水の備蓄を行っています。感染症対策としては、インフルエンザワクチン接種を支援し、新型コロナウイルス、環境汚染などに対し、政府や行政の要望に沿い規定期間を策定し、対象期間中はテレワークや在宅勤務の比率を大幅に拡大、事務所に出勤する際には時短勤務にするなど、お客さまや社員、及びその家族の安全確保に今後も最大限努めています。

災害対策など
人材育成について

我々の企業価値は、ダイバーシティとインクルージョンを尊重した企業風土の中で育つ社員一人一人の人間力を結集したものです。この人間力を育むための「学び」を推奨し、OrgoVereで働く仲間みんなが、人生という道の中でより多くの「学び」のスイッチを押し、学びから得られる豊かさや楽しさを実感しながら、やりがいを持って生き生きと成長していける企業でありたいと思っています。全力でサポートしています。


 

Orgovereがみんなと共有したい共通の価値観


《持続可能で祝祭性のある世の中を創造する》ために、

1.持続可能な地球環境を未来の世代に引き継ぐ為にOrgoVereが出来ることはすべて最優先で取り組む
2.常にQOLを高める努力をし、エシカルな思考・行動を大切にする
3.「感じる解像度」を高め、心の色彩を豊かにする

OrgoVere’s EVPは以下のSDGs(2030年までの持続可能な開発目標)の実現達成に寄与しています。

SDGs3 SDGs5 SDGs8 SDGs10